› 起業家税理士が語る起業準備・経営者の心得

SEO初心者のための基礎の基礎の基礎のお話



1.SEOってなんだったっけ?


「ネットでSEOを使って稼ぎたいのですが、何から始めたらよいでしょうか。」

フェイスブックのお友達から、こんなご質問を頂きました。ご質問頂きありがとうございます。



さて、答えの前にSEOとは何か、皆さんご存知でしょうか。「せお」ではないです。エスイーオーです。

これは、簡単に言えば、いかにしてGoogleやヤフーの検索結果の上位に表示するか、工夫することを言います。

※正式名称は「Search Engine Optimization」で、「検索エンジン最適化」を指します。


20代前半までの僕もそうでしたが、ほとんどの方は、検索結果の一番上に表示されたサイトをクリックして閲覧しますよね。

ですから、サイトの所有者は、検索結果の一番上に表示されるよう、色々な工夫をするわけです。

今回の記事はこのSEOについてのお話です。



2.SEOとはどんなことをするの?

これは、その時々によって、頻繁に変わります。

というのも、検索結果の順番は全てグーグルが決めています。

そのため「グーグルが今現在重視していること」を自分のサイトに対策する必要があります。

1つ重要事項をあげると、狙っているキーワードをタイトルにきちんと入れるということがあります。

グーグルはサイトの「タイトル」部分をとても重視しているので、多少強引でも、狙っているワードをタイトルにねじ込む必要があるわけです。


例えば、僕のこのブログは、タイトルを「起業家税理士が語る起業準備・経営者の心得 」としていますが、

「起業」というワードと「税理士」というワードが最初の方に出てきますよね。

さらに、「起業」というワードは2回もでてきています。

これは、「起業 税理士」という検索ワードに対するSEO対策になっています。



おそらく、僕の友人の会計士連中は、

河合、キミは会計士でもあるクセに、なんで”起業家会計士”とかにしないんだ

と思ったはずです。

今こそその疑問にお答えしましょう!

これは、SEOや検索需要などを考えているわけです。

「会計士」で検索する人は、「会計士になりたい!どうやったらなれる?」という検索需要がほとんどです。

「会計士 年収」 「会計士 専門学校」 「会計士 勉強法」とかね。


一方、


「税理士」で検索する人は、実際に税理士を探している人が多いです。

「東京 税理士」 「会社設立 税理士」とかね。

僕の見込み客は会計士になりたい子達ではないので、会計士というキーワードでSEO対策をしてもあまり意味がないのです。




話を戻すと、SEOではグーグルが重視している事項を知ることがスタートです。
そして、初心者の方でSEOを勉強したい方は、基礎的な部分については以下の書籍がとても参考になると思います。

僕の師匠である方の書籍です。

若干情報が古くなってしまっていますが、ウソや誤魔化しのない、実用的な良い書籍です。

SEO対策 検索上位サイトの法則52 河井 大志



3.SEOで稼ぐとは?

さて、冒頭に戻りますが、「SEOを使って稼ぐ」というのは、なんと言いますか、考える順番が違います。

SEOとは、それ自体がお金を稼ぐものではありません

売りたいサービス・商材があって、それを見込み客にリーチするための手法の1つがSEOです。

こんなモノやサービスを売りたいんだけど、SEOでなんとか集客できないか」という相談にはのることができます。

が、

冒頭の質問には「売りたいモノやサービス、作りたいサイトの内容をまずは決めて下さい」とお答えすることができませんでした。申し訳ありません。


4.SEOが不要な場合もある

というのも、SEOというのは、あくまで相対的なもので、ライバルサイトがいなければ、特に対策をしなくても上位表示が可能なんです。

例をあげると、僕は自分が経営している会社で、とあるサービスをしていますが、あるキーワードで、ずっと1位を獲得しています。

それは、ライバルサイトがいないからです。

また、サイト制作の練習のために作ったサイトをもっており、半年くらい完全放置の状態で、それでも毎月2万円くらいの広告収入を生んでくれています。
これも、有名な公式サイトの次、全体で2番目に表示されています。

なぜなら、公式サイト以外、ライバルがいないからです。
厳密に言えばいるのですが、大したサイトがいないからです。

このような理由から、細かいSEO対策が不要な場合もあります。

SEOはライバルサイトという相手があってこそ必要になるものなので、売りたいもの、上位表示させたいサイトがわからないと、アドバイスもなにもできないのです。


5.究極的には、人様の役に立つ記事をひたすら書きなさい、ということ

初心者にでもできる究極のSEO対策が「ひたすらに記事を書く」ということです。


「え?なにそれ?」


って思いますよね。でも、グーグルの気持ちになってみて下さい。

グーグルが検索結果の上位に表示したいサイトというのは、「人様の役に立つサイト」です。

そしてグーグルはこんなサイトを、人様の役に立っているサイトだと判断しています。


・記事がたくさんある大きいサイト
・こつこつ更新される歴史のあるサイト
・いいね!やブックマークをたくさんもらっているサイト
・1人当たりの閲覧時間の長いサイト



運営年数や、閲覧時間、記事の数など、ぜーーんぶグーグルは把握しているんです。


ですから、記事をひたすら頑張って書けば、ある程度SEO対策はできてしまうんですね。



これを踏まえて、さらに言えば・・・


あなたも最近感じていませんか?


最近、記事が縦に長くて、その横をSNSボタンが追跡してくるサイトが増えていることを。


実は、これも、SEO対策のためです。


記事が長ければ、一人当たりの閲覧時間も伸びますし、いいねをしてもらえれば、グーグルにも評価されます。


つまり、「それだけ内容が濃く、深く、閲覧者のためになって、”いいね!”をもらえるような記事をたくさん書きなさい。そうしたら上位表示してあげるよ

と、グーグルは我々に暗に伝えているのです。

もちろん、この他にもSEO対策は色々あります。

が、究極的にはこれに尽きます。

SEOを意識している方は、これだけは肝に銘じて下さい。僕も意識しながら、この記事を書いています。

だから、こんなに長いし、いいね!ボタンも押してもらえるように全力で書いているんですわ。(終わり)

------------------------------------------------
余談

僕が前に住んでいた家の近くに「サイクルSEO」という自転車屋さんがあったのですが、

初めて看板を見たときには、新しいSEOの手法かと思いました。

でも、本当は「サイクル瀬尾」さんでした。完全に職業病です。

今後もSEOに関する記事も書く予定ですが、どうしても書けない部分があります。

詳しい話を知りたい場合は、セミナーやコンサルのご依頼を頂ければ幸いです^^

その他、質問やコメントも随時受付けていますので、いつでもご連絡下さい。